BLOG

バイオリン入門・イントロダクション"入門期の教育"こそ重要 春日部・大宮・柏・守谷ヴァイオリン教室いたがきヴァイオリンアカデミー

2018/08/23
ロゴ

教育に目覚めた経緯

「私は音楽大学を出て、直ぐに東京フィルハーモニー交響楽団に入団して、7年間程在籍しておりました。その後半期にスズキメソードの創始者故鈴木鎮一先生にお会いしました。ヴァイオリンを通して子供達と接することになったのは、鈴木先生との劇的な出会いから始まりました。『愛に生きる』という名著がありますが ,私はこの本を学生時代から読んでおりまして共感するところがあってお会いしたいなとおもつておりました。只、当時はやはりオーケストラの一線で演奏活動をしていましたし、教育活動を熱望していたわけではありませんでした。ところが鈴木先生にお会いして、先生の子供にかける熱意が強烈に伝わつて来ましたし、実際にヴァイオリンを持つ子供たちを見て、やはり私の行く道はこれだなと確信したのです。私の教育活動はそこから始まったのです。つづく